ぽっちゃり風俗店の面接基準は?

風俗嬢デビューするための第一関門は「お仕事面接」

面接官は何を見ている?ぽっちゃり風俗店で働いてみたい! そんな思いを持って、この記事を読んでくださっている全国のぽっちゃり女子!
ぽっちゃり風俗で働くために、1番大切なことはなんでしょうか?

……答えは??????
ズバリ! お仕事面接に合格することです。
当たり前だと思うかもしれませんが、この面接に合格しないことには、ぽっちゃり風俗店で働くことはできません。

つまり、高収入を得るための第一関門が「風俗店での面接」というわけです。
風俗というお仕事は、誰にでもできるお仕事ですが、誰でも働けるワケではありません。
特に高級店であることを売りにしているお店は、キャストのクオリティを下げたくないので、慎重に面接をします。
ぽっちゃり店は、高級店と同じではありませんが、やはりそのお店のカラーというものがあります。このカラーを崩したくないので、カラーにそぐわない女の子はお断りするケースも出てきてしまいます。

風俗店ならみんな同じ、面接に受かるために必要なコト

まずは、きちんとした連絡のやり取りができる女性なのかを見ます。
これはバイトの面接などで、お互いに条件を確認したりしますが、同じように大切なものです。

次には、容姿が清潔かどうかを確認します。
スニーカーやデニムにTシャツ……なんて装いで行っては行けません。(まれにそういう装いでも大丈夫なお店もありますが、少数派です)
ぽっちゃり店といえども風俗です。つまり、男性を接客するお仕事ですから、必ず女性らしい服装を心がけましょう。
そして、メイクもきちんと清潔感のあるように整えておきましょう。
風俗店というとなんだかだらしのない女性がいるイメージがありますが、バッチリ毎月高収入を稼いでいる女性の特徴は、生活習慣がきっちりしている事です。
言葉使い、約束ごとをきちんと守れているかなど、厳しい目で面接官は見ています。

ちなみに、面接はほとんどの場合店長が行いますが、手の足りない時は、面接専任のスタッフが代行でも行います。
最近は女性の面接官もいるので、業界未経験で初めて風俗デビューする女性としては少し安心するかもしれないですね。普通の仕事と違い、風俗のお仕事は「体を張ってサービスをする商売」ですから、メンタルが弱い女性は面接で震えていたり、極度の緊張で発作を起こしてしまう人もいるほどです。
しかし、実際、パニック障害のようなものが出ている女性には、風俗の仕事は薦めません。他にもっと良いお仕事があるはずです。
それに、もし、お客様の接客中に、パニック発作が出てしまった……なんてことになってしまってはお仕事になりません。高いお金を出して遊ぶお客様に、ご迷惑をおかけしてしまいます。
お客様だけでなく、女の子もお店もみんなが損をする結果になってしまいます。
そのため、容姿以上に、心身共に健康な女性で約束を守れることが大切なのです。
こういったことを念頭において面接に臨んでいただきたいと思います。

面接でみるのはコンセプトにあった子か、女の子のメンタル面

メンタル面も見ていますまた、働いてもらう女性は、お店にとって「大切な商品」です。そのため、お店のコンセプトに見合っているかも、チェックします。
例えば、ぽっちゃり店と一言で言っても、様々なコンセプトのお店があります。
ぽっちゃりとした熟女で癒しのプレイをするお店、お相撲さんレベルのものすごいぽっちゃりさんばかりを集めたデブ専のお店、若くて顔が可愛くて巨乳で巨尻の女の子を集めた少々高級なぽっちゃり専門店など、本当に色々です。
求人広告を見るだけではなく、実際にお店のホームページを見て、どのようなコンセプトでお店を運営しているかを確認しましょう。

明るいぽっちゃりさんがニコニコと接客してくれることをウリにしているお店なのに、出て来た女の子が、根暗で猫背で口数が少なかったらどうでしょうか?
お客さんは「騙された!」と思いますよね。
ワケがあって風俗の仕事を選ぶ女性が多いですが、さすがに第一印象が「根暗」は不合格です。
確かに心を病んでいるなと思う女性はたくさんいますが、面接のときには明るく振る舞うことがほとんどです。にもかかわらず、面接の時から、病んでいることを堂々と出して来るケースは、後々トラブルになるのが簡単に想像できてしまいます。
そういう女性によくあるのが初出勤の日の当日無断欠勤ですね。
新人がデビューする場合、特に初日は会員のお客様で予約が埋まってしまうのですが、情緒不安定な女性は平気でお店を休んでしまうのです。ですから、面接ではメンタル面はどうなのかも必ずチェックするようにしています。
とはいっても、第一印象で、メンタル面を確実に見抜くことは非常に難しいものです。今までも、お店の待機室でリストカットしたり、盗難があったりと、色々大変なことがありました。
その度に、店長として、ひとまわり人間的に大きくなっていく私です……。
大きくって、あ、いや、体型のことではないですよ(笑)。