ぽっちゃり求人とネット

ぽっちゃり風俗店もインターネット社会

サイトの更新は日々の業務現在、インターネット社会です。この記事をアップしているのもパソコンからです。
つまり、今の世の中、風俗の営業や求人の情報発信もインターネットとは切っても切り離せない関係なのです。
まず、遊びにくるお客さんのほとんどがネット検索で、気になる女の子を見つけて遊びにやって来ます。
風俗情報サイト、キャストの女の子のブログやツイッター、ユーザーのブログ、2ちゃんなどの掲示板……色々なところで、情報をゲットして、「この子と遊びたい!」とお店に問い合わせをしてくださいます。
地方によっては、根強いスポーツ新聞や情報誌などの風俗広告もありますが、ここ最近では女の子の「写メ日記」というアピールのためのブログが流行っています。
女の子本人が普段の写真などをブログにアップしているので、どんな女の子か簡単にイメージできる便利なツールです。これを見ることで、事前に失敗を防ぎやすく、気に入った女の子の出勤状況もすぐにわかると、とても人気の様子です。
たまに、年配の男性がコンビニで売られている風俗雑誌を読んでお店を知ってもらうこともあります。あとは、飲んだ後に、フラッと風俗情報館に入って店を紹介してもらうという方法もあります。でも、ほとんどはサイトですね。

風俗求人の募集もインターネットで配信

……と、同時に、働いている女の子も、風俗店専門の求人広告が掲載されている高収入系の求人サイトなどを見て、面接にやってきます。
最近は、スマホが普及しているため、求人情報もいつでもどこでも簡単に検索することができるようになりました。
一昔前までは、風俗のお仕事を探そうと思うと、コンビニで高収入求人誌を購入したり、フリーペーパーを手に入れたりと、少々面倒な手順が必要でした。
でも、今や、インターネットですぐに見つけられるんですから、便利になったものですよね。
そのため、ウチの店の場合は、1番アクセス数が多い求人広告のサイトに、主に掲載を依頼しています。
どこでウチの店の求人を見つけたか、女の子に聞いた場合も、9割以上がインターネットで見つけたと答えています。
でも、ステキなぽっちゃり女性ってなかなかこないんです。なぜなら、それには求人広告の仕組みにもあります。

風俗業界も格差社会

売り上げと経費のバランス求人広告の代理店も様々あって、均一の掲載料金の会社もありますが、魅力的でいつも目立って掲載してもらえるサイトの掲載料は、実はものすごく高額なのです。
いつも見かけるな~と思っているお店って、実は年間で億単位の広告料を支払っていると聞いたことがあります。
特に大手の風俗グループ会社は、資金も潤沢です。そのため、各店舗ごとではなく、グループ全店一括で支払っているらしく、ド派手に掲載することが可能なのです。
ウチのようにぽっちゃり専門のデリヘル店で、なおかつ小さな個人でやっている風俗店は本当に大変です。リピートさんだけでやりくりしていては新規のお客さんが到底見込めませんし、そのうち常連客様にも飽きられて、女の子の確保も難しくなってしまいます。
しかし、ウチだけではなく、ぽっちゃりを売りにする風俗店が少なからずあるということはお客様のニーズは必ずあるということです。
だから、日々の営業努力のために、写メ日記やブログを更新して、お客様を大切にしてくれる、真面目で協力的な女の子は本当に大切なのです。こういう真面目で優しい女の子が3、4人いれば安定したお店の運営ができるとも言われているくらいです。
そうこうしながら、地道に安定した収益をあげることで新たに求人募集を出すというような感じでウチの店はやりくりしています。

できるぽっちゃり女子に出会うために

疑問や不安はお気軽に聞いて下さい!ウチの店の場合、求人面接したら、ほぼ7〜8割が合格します。不合格になるのは、年齢の確認ができない、そもそもそんなにぽっちゃりしていない、稼ぎたい金額や出勤日数が見合わないなど、色々な理由があります。
でも、合格しても、だいたいがすぐに辞めてしまいます。20人採用したうち、1人、1年くらい働いてくれる女性がいてくれたらいいな、という感じです。
これはウチに限ったことではなく、風俗業界の共通認識なのです。
早く辞める理由は、「高いお給料を稼げると思ったのに全然稼げない」「店の雰囲気があわない」といった理由が挙げられます。これは女の子に原因がある場合もありますが、お店にも原因は必ずあります。
女の子が働きやすい環境を作り、お客さんをたくさんつけてあげるのは、お店の仕事ですから。

営業努力と求人の両輪を上手に回さなくてはならないのが店長の悩みです。
ましてやウチはぽっちゃり専門のデリヘル店で普通の風俗店の面接すら受けられず、断られた経験を持つようなマイナス思考の女の子が面接にきます。そんなの女の子にぽっちゃりはウチでは歓迎していることを伝えて明るく働けるお店だと理解してもらえるように心掛けています。
しかし、せっかく求人を見て、お店を選んでくれた真面目そうな女の子に、いいお客さんをつけてあげられない事も多々あります。
申し訳ない気持ちと集客できなかった自分の努力不足に少し落ち込むこともしばしばです。そんな日は、仕事帰りに1人で反省会ですね。知り合いがママをしているスナックに遊びにいったり、店を辞めた女の子が開いたバーに飲みにいったりして、悩みを打ち明けたりしています。
営業広告や求人広告にたくさん経費を使っているお店がどこも集客を掴んでいます。そして、質のよいサービスのできる女の子も在籍している傾向にあります。
とはいえ、使える経費は無限ではありませんから、本当に頭を悩ませます!